topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイキング♪   - 2013.12.01 Sun

昨日は武田尾廃線跡へハイキング。
電車利用で歩くのなら生瀬から武田尾のコースがいいのですが、車なので武田尾駅の駐車場に停めて
武田尾出発で途中で引き返すことにしました。


IMG_0828H_convert_20131130221336.jpg


枕木と大きい砂利で少々歩きにくいのですが、こまるはそんなこと関係無く前へ前へ。



少し歩くとトンネル。




トンネルがあるから懐中電灯が必要とのことで、いつものお散歩のライトをこまるも装着したままです!
IMG_0834H_convert_20131130221405.jpg




トンネルの向こうの紅葉がキレイ。
IMG_0838H_convert_20131130221428.jpg




小さい広場があったり、紅葉のキレイそうなところがあったり。




落ち葉を踏みながら歩くのは楽しそうです。
IMG_0846H_convert_20131130221536.jpg




IMG_0861H_convert_20131130221610.jpg
ライト3個(笑)浜で思いっきり走って遊んでいるので一つが消えても大丈夫なように!




遠目で見るととってもきれいなんですが、近づくと葉っぱはちりちりしていて小さな穴があいていて、
もう終わりなのか、今年はイマイチって聞いていたからそうなのか・・・。
IMG_0868H_convert_20131130221634.jpg





IMG_0870H_convert_20131130221704.jpg
山と武庫川に映る紅葉がキレイです。




IMG_0883H_convert_20131130221722.jpg




午後も遅かったのでハイカーは少なめでした。
誰もいない時はフリーで歩かせたのですが、初めての場所なので5mほど前に行ったら止まって振り返り、戻ってきたりしてました。
野生には戻れないタイプです(笑)




こんな立て札が!
IMG_0893_convert_20131130221754.jpg






IMG_0896H_convert_20131130221812.jpg




本当に真っ暗で懐中電灯が必要の意味がわかりました。
先ほどまでのトンネルは向こうが見えていたので「な〜んや、トンネルってこんなもんか」って思ってましたが
全くの暗闇です。

この暗闇を見て、こまる父が「引き返そうか」とビビリだしました。

「えっ、これからでしょ!前を歩いてた人も引き返してないやん」と強く言って進みました(笑)



こまる父はお散歩の時の懐中電灯を 私はiPhoneの懐中電灯のアプリで足元をしっかり照らしながら、
かなり長いトンネルを進んで 明るい外が見えてくるとちょっとホッとしました。
このトンネルは私たちだけだったので余計に心細かったです。




トンネルを抜けると鉄橋があってその横に人が通れる細い橋があります。
IMG_0909H_convert_20131130221840.jpg



高所恐怖症の私には本当に恐くて、お尻がムズムズ。
下は武庫川で、途中でこまる父が写真撮ってたらって言ってましたがそんな余裕無し!
絶対に下は見ないようにして渡りました。吊り橋だったら絶対に無理でした。
帰りもここを通らないといけないと考えると こまる父にあんなに強く言わないで
トンネルの前で引き返した方が良かったかもと思いました(笑)




この辺りで3キロほど歩いているようです。
すぐに橋を渡って戻る勇気もなく、もうしばらく歩いてまた真っ暗なトンネル。
ここでは向こうから(生瀬出発)のハイカーの明かりが見えてとってもうれしかったです。



IMG_0925H_convert_20131130221941.jpg




IMG_0920_convert_20131201101741.jpg


もうちょっと、もうちょっとって歩いてましたが戻る時間とかを考えてUターン。





再びこの鉄橋。

IMG_0938H_convert_20131130222016.jpg




駐車場まで戻ってきたらかなり暗くなっていてボタン鍋屋さんからとてもいい匂いが漂ってきていました。
テラスとかあっておぜんざいとか食べれる所があったらよかったのになぁ。
歩いたらお腹が減るね〜。




IMG_0926H_convert_20131130221958.jpg






多分、7キロは歩いてると。
こまるもトンネル内の天井から水が落ちてきてぬかるんでいる所は抱っこしてもらってたけど、
全部、足取りもしっかりとして歩いてました。
ただ、前の日に浜で遊びすぎて後ろ左足裏から少し出血していたのでそれが砂利にあたって痛そうにしているときもありましたが。
きっと疲れてはいるのだろうけど、ぐいぐい引っ張っていたからまだまだ歩けそうでした。


私の歩数計は約8000歩、こまる父のは約10000歩。この差は何なんだろう???
とにかくよく歩いたってことだね。

なかなか面白いお出かけでした〜♪



IMG_0823H_convert_20131130221310.jpg





にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村



関連記事

● COMMENT ●

ハイキング気持ちよさそうですね!
武庫川の上流なんですね!でも、トンネル怖そう~~!!ビビリの私とルーカスなら絶対まわれ右ぃ~~(ToT)/~~~
鉄橋もルーカスの回るスペースなさそうですね…。写真を見るだけでも足がすくみます…。
その恐怖を乗り越えてこその景色が…!!さすがこまるちゃんママです~~^m^

ルーママさんへ

今日は雷のせいで短いお散歩でしたが久しぶりに一緒に歩けて楽しかったです。
ありがとうございました!


ここ、ほとんど手入れされてなくて鉄柵もサビサビで枕木と砂利は歩きにくかったですが、
少し趣が変わっていて面白かったです♪
廃線跡なんてなかなか歩けないですもんね。

ルーちゃん、あの橋 ムリですね〜。
あの幅じゃ回れないね。小さく回ってもどれか足を踏み外しそう(汗)
人がすれ違うのも恐いって感じでしたから。
トンネルはもっと早い時間だったらハイカーがいっぱいで恐怖なんて感じないと思います。

私、橋ではほとんど写真を撮れませんでした。
橋の始まり辺りから写真を撮るのが精一杯で、それもレンズを絶対下には向けず(笑)

懐かしい~♪
神戸に引っ越してきたばかりの時、当時は車を持っていなかったので、マリアをバッグインで電車で行って、全行程を踏破しましたよ~♪
8年位前で、懐中電灯をそれぞれ持って、真っ暗なトンネルを歩いたのを思い出します。
確か、最後は武田尾温泉に到着して、ワン連れじゃなかったら温泉に入りたいね~って言った覚えがあります。
橋もそれ程錆錆じゃなかったし、人も沢山歩いてました。

こまるちゃんママが高所恐怖症って知らなかったぁ~~!
こまるちゃんも真っ暗なトンネルなんて、初めてで、楽しめたかな?

マリアママさんへ

マリアママさん 行かれたことあるんですね!
本来は生瀬から歩くととっても楽しいって書いてありました。
車で行っても生瀬から歩いて 一人(運転手)だけUターンして車を武田尾にまわすことが可能なら
いいですよ〜って。
マリアちゃんもあぐりちゃんもバッグインでおとなしくしてくれる子でいいですね。それと軽いし!!
まぁ、半分だけでもかなり楽しめました♪

8年で錆び錆びになっちゃったのですね。
ちょっと素手で触れないって感じでした。
人が少ないのは私たちの着いた時間が遅かったからだと思います(汗)
外国人のハイカーも何組か見かけましたよ。

こまるは暗闇も橋もへっちゃらでした。
私は極度の高所恐怖症で、マンションを選ぶとき最初に案内してもらったのが5階だったのですが恐くて今の2
階にしたくらいです。
下を見ると吸い込まれそうな感覚になるのです・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://komaru619.blog.fc2.com/tb.php/270-bc4cd32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絨毯♪   «  | BLOG TOP |  » ツリー♪  

プロフィール

ゆきこまる

Author:ゆきこまる
走ること、食べること、泳ぐことが大好きなフレンチブルドッグのこまる(2004.6.19♀)との日々。
mixiで4年半「こまる日記」を書いてきましたが、もう少し緩〜く綴っていきたいと思います。

instagram : yukikomaru

いくつになったの

最新記事

コメント

データ取得中...

カテゴリ

日常 (77)
浜 (94)
おでかけ (89)
お散歩 (48)
わたしごと (18)
おやつ (14)
ごはん (7)
からだ (21)
花より団子 (33)
未分類 (3)
こまる (14)

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。